オフィス移転で心機一転!ー名古屋の企業

HOME > オフィス移転について > オフィスを移転するときの流れ

オフィスを移転するときの流れ

 オフィス移転に取り組むためには、多種多様なプランニングや手続きが求められます。オフィスを移転するという長期的活動にどの様な流れや事前準備を要するのかをあらかじめ確認し、手際よく実践しましょう。長期間充当することになるオフィス移転は、その分だけ念入りなプランを練ることが不可欠です。オフィス移転が確定したら、今の段階で入居しているオフィスの契約の取り交わしの中身を確かめましょう。
契約書を把握することを通して解約予告に不可欠の期間、あるいは原状回復費それから、預託金返還などを認識できます。そのポイントから現実の上で移る時期を逆算して、解約手続きをしましょう。一般的に考えて、オフィスのケースでは、6ヶ月前の解約予告が必要不可欠です。
必要な条件をもとに、移転先のオフィスを見出しましょう。それを現実にするにはオフィス仲介する専門会社を選択することが重要ですが、強みを持った地域や、取りそろえているオフィスの面積、或いは種別等から判断することが重要になります。実現するには1社だけに申し込むのではなく、いくつかの専門会社に問い合わせることが大切です。

 必要な条件、あるいは希望しているようなオフィスがありましたら、即座に申し込みすることをお勧めします。オフィスの保有者は、申し込みがないと条件交渉に対して応じない事が少なくありません。その結果、賃料など、望んでいる条件を申込書に記して出すことによって、条件交渉及び申込を同時進行の形で実施することがお薦めです。申し込みと契約の取り交わしは別物といえ、必要な条件が合わないのでしたら、申請したからといって契約の取り交わしをしなくてはいけないということはありません。 申請して、条件一致できれば、契約の締結をしましょう。契約書の中身を読み捺印それから、保証金の受け渡しを通して契約の締結となります。
初めに賃貸料の何ヶ月分必要か、賃料の改定のタイミングといった決まり事も間違いのないように確かめましょう。契約に当たって、会社の登記簿、あるいは印鑑証明、さらに実印や、代表者の印鑑証明は必須条件として入用になることから、揃えておきましょう。

 オフィスプランニングと言いますのは合理化されたオフィス設計に相当します。社員の動線、あるいはAO機器の組み入れのための空きスペースなどを想定し、オフィス内部のレイアウトをプランニングします。レイアウトによりまして工事も求められるるケースもあるので、図面をもとに進行させましょう。 電気工事、或いは内装工事そして、電話工事や、 LAN工事等のどうしても必要な作業や依頼もこうしたプランニングをもとに進めることにしましょう。
それから、実際的な移転日は、オーナーと話し合いをして決断しましょう。 オフィス移転にあたっては、引越し専門会社にビルの養生を徹底的に行ってもらうことが重要になります。仮に、引越しが原因となって破損した場合、引越し専門会社に修理若しくは取り替えを依頼できます。 電話あるいはFAXそれから、ネットの開通のための必要な作業はビジネスおきましてなくてはならない通信手段になるので、開通作業はきちんとチェックしましょう。